So-net無料ブログ作成
前の30件 | -

<SEANシリーズ> 「子どものいま」が問いかけること [全4回] [SEAN主催講座]

昨年から、SEANで始まったシリーズ講座。
拠点施設である「生きがい工房」の活性化をめざし、SEANとのネットワークがある講師陣にお願いして開催する贅沢なシリーズ講座です。

虐待で幼い子どもの命が奪われる事件報道。
圧倒的な大人との力関係からは逃れられない子どもたちの現実。
子どもを取り巻く大人である私たちが、子どもたちにいかに関わるべきか、
子どもの権利について、しっかりと、じっくりと学ぶ4日間です。
1回だけの受講も可能です。

ぜひご参加くださいません。

72986908_945230322514007_1338445730808856576_n.jpg


<シリーズ>
「子どものいま」が問いかけること [全4回]

子ども期に育つ環境や関わってくれるおとなを子ども自身が選ぶことはできません。
子どもをとりまくさまざまな状況について学び、子どもの「育つ権利」をどうやって保障していけばいいのか.子どもの権利のスペシャリストの話を聞きながら共に考えてみませんか。

会場:「生きがい工房」
定員:25名
参加費:1講座 1200円(4講座前納 4000円)
保育:要申込み
時間:各 木曜日 10:00〜12:00

第1回
10月31日
子どもにはチカラがある
子どもの権利条約とおとなの役割
浜田 進士 (国連NGO・NPO法人子どもの権利条約総合研究所)

第2回
11月7日
子どもの育ちが影響すること
北野 真由美 (NPO法人えんぱわめんと堺/ES代表理事)

第3回
11月14日
『じぶんをいきるためのルール』
田中 一歩・近藤 孝子(「にじいろi-Ru」)

第4回
11月21日
力関係と子どもの尊重
栗本 敦子(Facilitator's LABO)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日のTwitterのつぶやきです♪ 2019/10/20 [今日のひとりごと]


nice!(0)  コメント(0) 

「Cafe Maison du Lait(カフェメゾンドゥレ)」を訪ねて [市民力と政治をつなぐ]

学校図書室の視察の合間、念願のランチを食べにカフェメゾンドゥレに伺いました。

カフェメゾンドゥレを起業されたのは、子育ての頃に知合った友人の須賀さん。

高槻市「創業・個店支援事業」高槻”魅力あるお店”応援プロジェクトの補助を受け、起業されました。
私が住む住宅街に、ひっそりとでもしっかりとした主張がある素敵な空間。
お隣には、同じく須賀さんが経営するエステサロン「ラポーテエメゾンドゥレ」が併設されています。


http://www.city.takatsuki.osaka.jp/kakuka/machi/sangyous/gyomuannai/sougyou/sougyoukotennshienn/miryokuaruomise/heisei29nenndosaitakuten/1540877240963.html


まさにインスタ映えするお料理と空間。

圧縮須賀さん2.jpg



圧縮須賀さん.jpg



カード占いやリースづくりなどのワークショップも、定期的に開催されているとのこと。
壁に飾られていた素敵なリースは、ワークショップの後にしばらく預かっている展示物とのことでした。


圧縮須賀さん3.jpg



須賀さんとは、思いを共有することが多くあります。

私の高槻町にある議員事務所は、半分が店舗仕様になっており、奥を事務所スペース、手前の店舗スペースをかえ子ネットの所有としており、今後はこのカフェメゾンドゥレのように、女性や高齢者、障がい者、若者などに使っていただける場所、またローカルフェアトレード商品を販売できる場所にしたいと思っていたところで、ぜひともこのカフェメゾンドゥレをお手本にしたいと思いました。
かえ子ネットの場所利用を希望される方は、遠慮なくお声かけくださいね。
(無料でお貸しするとそれはそれで問題になりますので、有料にはなりますが。)


圧縮かえ子事務所.jpg



そんな熱い須賀さんの思いを応援した高槻の施策にも、議員として誇りに感じました。

そして、高槻市のサイトを見て初めて知ったのですが、かえ子事務所の上にある「哲学カレー」のお店もまた、この高槻”魅力あるお店”応援プロジェクトの補助を受けて起業されたお店だったようです。
向かいのヴァスコダ・ガマのカレーも人気があっておいしいのですが、かえ子事務所の2階にある哲学カレーもスパイスが利いた本当においしいカレーです。
一度、足をお運びください。
お隣の幸蔵jr の鮮度抜群のお魚もおいしいですし、反対側のお隣のラーメン屋さんもおいしいですよ。


http://www.city.takatsuki.osaka.jp/kakuka/machi/sangyous/gyomuannai/sougyou/sougyoukotennshienn/miryokuaruomise/heisei29nenndosaitakuten/1540871584722.html


この通りは、タピオカのお店も2店舗でき、少しにぎわってまいりました。
かえ子事務所の方に市民相談等でお越しの際は、下記アドレスまであらかじめご連絡くださいませ。
tunagutk2018@gmail.com


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

地元小学校2校、中学校1校の学校図書視察 [議員活動]

学校図書の予算が大幅に削減されているとの図書館審議会での話を聞き、視察して現場の声を聞きたいと思いました。 運動会に来賓としてお邪魔させていただいた時に、日程を決め10月17日に私の娘たちも通った磐手小学校と奥坂小学校、第八中学校、計3校の学校図書室を視察してきました。 いずれの学校も校長先生たちが快く迎え入れてくださいました。 各学校に熱心な指導員や協力員が一人ずつおられ、予算の少ない中で色々と工夫をしながら、子どもたちの読書環境を整えておられました。
圧縮磐手小.jpg
圧縮奥坂小.jpg
小学校は非常勤職員として、支援員が週4回、1日中開館。 中学校はアルバイト職員として、協力員が週2回、昼休みと放課後子どもたちに開館しておられます。 小学校は人気の本は傷みがひどく予算が減った分、選書にも苦慮されておられるとのこと。 読書感想文の課題図書の1冊が、買えなくなった時もあったと聞きました。
圧縮傷んだ図書.jpg
視察に行かせていただいた日も、授業で図書室を使用するクラスが先生と一緒に図書室にやってきます。休み時間は、本を読みにくる子、借りにくる子がやってきてにぎわっていました。
圧縮畳敷き.jpg
小学校には、畳がひかれたスペースがあり、子どもたちがくつろぎながら読書できる環境が整えられていました。 中学の方は、協力員による開館が週2回ということで、図書委員となった生徒が主体的に関わる手法や協力員の方がいろいろなアイデアを持ち込んで、本に興味を持ってもらえるように工夫されておられました。
圧縮8中図書室.jpg
図書委員によるおすすめ本の展示とPOP作成。
圧縮図書委員POP.jpg
本をたくさん借りて読んだ生徒には、手作りのシルバーカードやゴールドカードが進呈されます。 このカードが欲しくて、一生懸命借りに来る生徒もいるとか。
圧縮カード.jpg
シークレットBOOKのイベントでは、紙袋に張り付けられたヒントを頼りにおもしろそうな本を借り、日ごろあまり手に取らないような本にもチャレンジ。。。。
圧縮シークレットBOOK.jpg
子どもの権利条約やLGBTQに関する本なども、蔵書の中に含まれており、一人でも多くの子どもたちが手に取ってくれるといいなと心から思いました。
圧縮権利の本.jpg
蔵書の質や数だけでなく、支援員や協力員の方々の良質の本を子どもたちに届けたいという思いや取り組みによって、学校図書館は成り立っているのだと再確認いたしました。 どこの自治体も財源確保には苦慮しているわけですが、そんな中でも財源を確保し、教育保障し続けなければならないことへの予算は削るわけにはいきません。それでも、削るしかないのでれば、どうやってその取組を維持していくのかの知恵と行動が必要です。 11月には文教にぎわい委員会で、富山の学校図書館に視察に参ります。 しっかり視察し、考えて、よりよい提案をと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日のTwitterのつぶやきです♪ 2019/10/19 [今日のひとりごと]


nice!(0)  コメント(0) 

今日のTwitterのつぶやきです♪ 2019/10/18 [今日のひとりごと]


nice!(0)  コメント(0) 

今日のTwitterのつぶやきです♪ 2019/10/17 [今日のひとりごと]


nice!(0)  コメント(0) 

今日のTwitterのつぶやきです♪ 2019/10/16 [今日のひとりごと]


nice!(0)  コメント(0) 

今日のTwitterのつぶやきです♪ 2019/10/15 [今日のひとりごと]


nice!(0)  コメント(0) 

今日のTwitterのつぶやきです♪ 2019/10/14 [今日のひとりごと]


nice!(0)  コメント(0) 

今日のTwitterのつぶやきです♪ 2019/10/13 [今日のひとりごと]


nice!(0)  コメント(0) 

遠矢かえ子の議会通信no1を発行いたしました [議員活動]

これまで、NPO活動で通信を発行してきましたが、
市議会議員となってから初めて議会通信を発行いたしました。

これまで、なかなか理解できていなかった議会のしくみや役割を、
できるだけわかりやすく届けたいとの思いで編集いたしました。

まだまだ、改善点は多くあるとは思いますが、私の公約でもある
「市民力と政治をつなぐ」を少しずつ形にしていきたいと思います。

ご意見等は、下記アドレスまで、遠慮なくお寄せくださいませ。
tunagutk2018@gmail.com

議会通信2019年8月号_page-0001(圧縮).jpg


議会通信2019年8月号_page-0002(圧縮).jpg


議会通信2019年8月号_page-0003(圧縮).jpg


議会通信2019年8月号_page-0004(圧縮).jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日のTwitterのつぶやきです♪ 2019/10/12 [今日のひとりごと]


nice!(0)  コメント(0) 

今日のTwitterのつぶやきです♪ 2019/10/11 [今日のひとりごと]


nice!(0)  コメント(0) 

今日のTwitterのつぶやきです♪ 2019/10/10 [今日のひとりごと]


nice!(0)  コメント(0) 

今日のTwitterのつぶやきです♪ 2019/10/09 [今日のひとりごと]


nice!(0)  コメント(0) 

今日のTwitterのつぶやきです♪ 2019/10/08 [今日のひとりごと]


nice!(0)  コメント(0) 

今日のTwitterのつぶやきです♪ 2019/10/07 [今日のひとりごと]


nice!(0)  コメント(0) 

今日のTwitterのつぶやきです♪ 2019/10/05 [今日のひとりごと]


nice!(0)  コメント(0) 

今日のTwitterのつぶやきです♪ 2019/10/03 [今日のひとりごと]


nice!(0)  コメント(0) 

1年生議員のリサイクルごみ処理場視察 [議員活動]

2019年10月2日(水)10:30~
高槻市の1年生議員数人で会派を超えて、リサイクルごみの処理場を視察しました。

ビンかんペットボトル_191002_0002.jpg


高槻市では、リサイクルごみ(あき缶類、スプレー缶類、金属製台所用品、古着類、古紙類、牛乳パック、雑がみ類、びん類)、ペットボトル(拠点回収)を分別し資源化しています。
地域の自治会等が実施する集団回収への奨励金交付制度等を設け、地域での資源化の推進にも努めており、回収率はとても高いです。

また、「廃棄物の減量及び適正処理等の推進に関する条例」の一部改正を行い、条例で禁止されているごみ集積場所からの資源物の持ち去り行為者に対し、20万円以下の罰金を科すことができる規定が盛り込まれ、2019年4月1日から施行されています。

以前は、市民が回収時に分別していたリサイクルごみですが、今は透明のビニール袋に空き缶類、ペットボトル、ビン類を一緒に入れ回収され、分別は業者に委託されており、どのように分別しているのかを視察させていただきました。

DSC08283.JPG


DSC08293.JPG


女性や障害がある方も働いておられます。
危険で、大変な作業であることは見れば分けります。

市民が分別すれば、その行為でリサイクル意識は高まります。
しかし、分別されたごみは、それぞれに分けて処理場まで運ばなければならず、その分のコストがかかります。一つのごみ袋に、ペットボトルも一緒に入れることで、それがクッションになって、より安全に処理場まで運搬できるらしいです。

スチールとアルミは磁石を使って分ける、ビニール袋は風で飛ばして分けるなどはある程度機械でもできるのですが、ガラスと缶類を分けるなどは人の手による分別になります。
水分が入ったままのペットボトルは水を抜く手間がかかる、たばこの吸い殻や乾電池などが入ったペットボトルはリサイクルできなくなるとのこと。
資源ごみは市の収入にもなりますし、この大変な工程を見ると、本当に一人一人がルールを守って
ごみを出してもらいたいと思います。

191002都市クリ視察_191002_0012.jpg



DSC08277.JPG


公共事業として取り組まれていることの、裏の部分は知らないことも多いです。
公共事業を支えているのは、収められた税金と、そこで働く人々の労働力です。
公共事業の人件費の削減や、非正規雇用化が進められていますが、それはある意味、市民が自分の手で自分の首を絞めることにつながっていくのだと思えます。

まずは、自分たちの足で、現場を見て、声を拾い、よりよい施政をめざす提案を行っていきます。

DSC08300.JPG



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日のTwitterのつぶやきです♪ 2019/10/01 [今日のひとりごと]


nice!(0)  コメント(0) 

今日のTwitterのつぶやきです♪ 2019/09/30 [今日のひとりごと]


nice!(0)  コメント(0) 

映画「プリズン・サークル」のプレ企画に参加して [学び]

映画「プリズン・サークル」(坂上香監督作品)の劇場公開プレ企画全国ツアー大阪会場に、参加させていただきました。

DSC08252.JPG


島根あさひ社会復帰促進センターの受刑者を対象に取り組んだ、TC「回復共同体」を追ったドキュメンタリー映画。
加害の背景に潜む被害体験を、丁寧に映像化した作品で、製作されるときに、呼びかけられた寄付募集に少しだけ協力させていただいていたので、今回のプレ上映会に参加させていただくことができました。

2部は、アメリカの刑務所等でTCに取り組んでいるアミティの創設者であるロッド・ムレンさんとナヤ・アービターさん、そして、坂上香監督、森久智江さん、藤岡淳子さんによるパネル・トークでした。

プリズンサークル.jpg


「ライファーズ終身刑を超えて」が上映された2004年のころに、来日されたナヤさんのワークショップに確か参加させていただき、未来の自分に手紙を書いたように記憶しています。その時にいただいた小さな石も、まだ持っています。

子どもの頃の傷つき体験。その傷から目をそらし、何も感じないようにふたをしながら、誰かを傷つけてしまう。そんな自分の弱さを認め、自分が犯した罪を受け入れ、自分を許す。
その過程は、怖く、つらく、逃げ出したくもなる。
でも、それを仲間と共に乗り越えられたときに、ようやく自分の足で歩きだせるのではないか。

世の中では善と悪が複雑に絡み合い、人を惑わし、人を追い込んでいく。
そんな中でも、人との出会いで、もつれた糸をほどくことが可能になる。
この映画は、そんな希望を感じる作品になっています。

まもなく、劇場でも公開されます。
みなさんも、ぜひ劇場まで足をお運びくださいませ。

ちなみに、初めて茨木市にある立命館大学の学食で食事をすることができました。
解放されt空間が、とても居心地よかったです。
高槻の関大もこれくらい開放的だったらよかったのにと、やっぱり思ってしまうのでした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日のTwitterのつぶやきです♪ 2019/09/29 [今日のひとりごと]


nice!(0)  コメント(0) 

今日のTwitterのつぶやきです♪ 2019/09/28 [今日のひとりごと]


nice!(0)  コメント(0) 

今日のTwitterのつぶやきです♪ 2019/09/27 [今日のひとりごと]


nice!(0)  コメント(0) 

今日のTwitterのつぶやきです♪ 2019/09/26 [今日のひとりごと]


nice!(0)  コメント(0) 
前の30件 | -